4×4マガジン 9月号掲載
文:河村 大
写真:佐久間清人
特集 HUMMER
SHOPGUIDE●愛知県
[ウイングオート]
営業時間:10:00〜19:30
定休日/水曜日
〒452-0962
愛知県西春日井郡春日町下之郷字焼田67-2
TEL/052-409-5434
HUMMER PARK そこはハマーの小宇宙
中に入るだけでワクワクする
あなたは、お店に何を期待するだろう
安さ?在庫の豊富さ?対応の良さ?
整備の良さ?カスタマイズ?
名古屋に、ハマーと一緒に
まで与えてくれる店がある

ひとたび敷居をまたいでしまうと、その後は、店内の様子を思い浮かべるだけで自然と足が向いてしまう。その空間にいる自分を想像するだけでワクワクしてしまう。そんな罪つくりなハマーディーラーが愛知にある。ウイングオートのアメ車専用ショールーム、「ハマーパーク」だ。高く開放感溢れる天井と、明るい天然石のフロア。木と岩と、暖かみのある色合いで作り込まれた空間は、外が夜だろうと嵐だろうと、1年中暖かな雰囲気のまま。壁はエンクローズド型ショッピングモールさながらに可愛い店が軒を並べている。すぐ脇はオープンカフェになっており、テラスの白壁を挟んで下段フロアに色とりどりのハマーが停まっている。常春の、おとぎの国の商店街にハマーで乗り付けてショッピング。そんな舞台設定を見ただけで、楽しくなって笑みがこぼれてしまう。
 
購入後は「スタイル・ウイング」パーツショップでカスタマイズの相談もできる。メニューは無限大。エクステリアのドレスアップから、シート革張りを含むフル・カスタマイズ、AVやスーパーチャージャーの装着まで、世界に1台だけのワンオフカスタムが可能。そしてその全てが最新のトレンド。スタッフは年に数回アメリカへ飛び、流行を掴んでフィードバックするという。 店舗やカスタマイズの魅力だけではない。超ロングの「H200」リムジンの導入に、H2の最高速チャレンジなど、ウイングオートはいろんな「夢」を与えてくれる。リムジンは見るだけで驚きだが、仲間と一緒に借り切ってみれば、一生の思い出に残るだろう。 一歩踏み出す勇気とその先に広がるハマー・ワールドの醍醐味。ウイングオートは、それを教えてくれる。ぜひ一度訪れて、その世界を隅々まで堪能して欲しい。
彼氏や彼女とあるいはファミリーで、新しく家族になるクルマを選ぶにはもってこいの場所だ。ハマーには、国産車が失いかけている「夢」がある。存在そのものに「力」を感じる。それは強さや包容力であったり、アメリカンドリームや家族の絆であったり、人によって感じるものは違っても、そこに自分の未来を重ね合わせることができる。それは家族にとっても同じ。例えば幼稚園の送り迎えに乗り付けたら、その瞬間に子供はヒーローになってしまう。そんなパワー溢れるハマーの世界を丸ごと飲み込んで、誰もがワクワクする空間として表現したのがこのハマーパーク。ハマーが100倍格好良く見える。ハマーを買えば、この世界、この雰囲気が一緒に家にやってくる。そう思った瞬間に、ハマーは唯一の選択肢になる。ここへ来るなら、彼女や家族、子供を連れてきたほうがいい。
アメリカンショールームというだけあって、ハマー以外にもエスカレードやタホ、FJクルーザーなども販売されている。また、H200と名付けられたリムジン。全長●メートルもある。走る広告として、選挙の投票告知に使われたこともある。定員は●人で1日貸切●円。友達と借り切れば、こんなにゴージャスな旅行手段はないだろう。
   
カスタム済み中古車も展示。これはカスタム費用合計480万円、車両価格1150万円の内外装超豪華仕様。それに加えて、最高速チャレンジで220km/hを記録したH2も展示。ドライバーはNASCARレーサー古賀琢麻選手だった。それらを若いが実力あるスタッフ達が、丁寧に対応してくれる。彼らはもてなし上手。挨拶が気持ちいいと、1日いい気分になれる。

また、代表取締役 上窪潤一郎氏はこう言った。

ハマーライフの魅力を伝えたい

エコカーが注目されるこの時代、クルマとの付き合い方も変わってきています。我々は、お客さんにハマーの世界やアメリカの文化を知っていただき、遊びを提案することで、ハマーと暮らす楽しさをお伝えしていきます。ハマーは、エコではありませんが、人生を共に歩む友人としてかけがえのない存在になります。ぜひ一度ショールームへおいでください。