Daytona3月号掲載
文:金ちゃん
写真:戸井田雄一

いい車、いい音楽。そして助手席にはいい女。ハマーって、そんなシーンが良く似合うのね。
みなさん、お正月休みは充実してました?私はといいますと、愛車のH3に山盛り快適装備を搭載して、向かった先は横浜アリーナ。
サザンの年越しライブにH3で突撃しちゃったよぉ〜!
20も後半になると、たいていの女友達は嫁に行ってたりするわけで。
たとえ嫁に行ってなくても、『歌舞伎町の女王』なんかをやってたりするから、年末年始に遊んでくれる友など一人もいない。
と、ここ数年寂しい正月を迎えていたんですが、今年は最愛の我が友が、嫁ぎ先から私の元へ戻ってきました。
×がついて。あははははは。独身万歳。×イチ万歳!そんな親不孝2人がタッグを組んで、出かけた先はサザンの年越しコンサート。もちろん愛車のH3で突撃です。
「うわ〜! ハマーだ! カッコイイ! 大きいねぇ〜!」
と、我が友。久々に聞いた一般女子の感想。女子にとっては排気量だエンジンだ年式だなんて興味なし?とにかく見た目が重要らしいです。
しかも、今回搭載のカロッツェリアの新型スピーカーTS-V7A。この商品、純正スピーカーのかわりに簡単に取り付け可能で、ハイテク素材に最先端技術が注ぎ込まれたスピーカー。もちろん充実の快音車内環境のために、サブウーハーだってインストール。そこから流れ出たサザンの音楽にビックリ。
「うわっ! めちゃクリアな音楽じゃない? テンション上がるねぇ〜」
これは全国紙で文章を書いているとは思えない小金沢の感想。
ホントは[強力なネオジウムマグネットとアルミボイスコイルを採用]とか、[人間の可聴帯域をはるかに超える48kHzまでの再生が可能]なんて書かないと、これを開発した人々はガッカリして枕を涙で濡らしちゃうんだろうなぁ。ボキャブラリー少なくてごめんなさい。
でもね、いつも部屋で聞いている音楽がしなやかに流れて、男性ボーカルでも女性ボーカルでもカバーOK、しかも低価格と美味しさ満載のお勧め商品ってことは確かです。
おまけに、今回は特別に内装にも着手。無骨だったデザインのインパネ部分を雰囲気のある木目(のパネル転写)に変更。外装のカスタムも重要だけど、まず運転する自分の目に入る部分から手を加えてみました。どぉ?ちょっとやさしい印象になったでしょ?
ちなみに助手席で我がハマーを絶賛している友は、[キムタクを女装させたらこんな感じ]と評判の美女。ふと、先月取材させていただいたプロ野球選手の番町こと清原さんのお言葉を思い出した。
「やっぱり男として生まれたからには。いい車に乗って、助手席にはいい女乗せるのがステイタスでしょ」
その場はそんなもんですかねぇ、と聞き流していたんですけど、いや、実際ハマーに乗って助手席にいー女乗せてみたら、よぉ〜くわかりましたよ。
やっぱアメリカ車ってカッコイイし、いい音楽流れて、美女が座ってたら最高です!そして、もうひとつ発見した事実。こんなサイコーな車に自ら乗ってると、男性諸君は近づいてくれないってこと……。なんでしょうねぇ。独身女が二人でライブってさぁ。ああ、来年こそは、いまだ会えぬラブラブダーリンと南国で新年を迎えたいものです。
 
今回インストールしたのはカロッツェリアの最新技術を投入したオーディオユニット。
5.1CHDSPユニットDEQ-P9(価格4万円)
オーディオマスターユニットAXM-P9(価格2万8000円)
フロントスピーカー17cm 2way TS-V7A(価格6万円)
リアスピーカーサテライトTS-STX99(価格2万5000円)
センタースピーカー13cm TS-E1369(価格1万4000円)
サブウーハーTS-WX99A(価格5万2000円)
めっちゃ豪華でしょ。今回はとりあえずスピーカー類を設置しましたが、次号ではパネル内部などに埋め込んじゃう予定。その様子は次号でご紹介しますのでお楽しみにぃ。
 
センターパネルをはじめ、細部に施されたのはウイングオートオリジナルの転写技術。美しい木目に仕上がって大満足なり。
今回H3にかかったお値段は9ヶ所加工で20万円。
ワンポイントでのオーダー可能です。
 


 


チキチキ駐車大会開催!

デイトナに入った当初、「大きい車、運転できません」と申したところ、「ペダル踏めば進んで停まるんだ。猿でもできるぞ」と、先輩に諭された。4年目にして、去るには昇格しましたが、問題は駐車。後ろ見たり横寄せたりって、きっとお猿さんでも難しいハズ。そんな私のお助けアイテムがサイドCCDカメラとバックカメラです。
モニターを確認しながら駐車にチャレンジ!

この手の車って、スペアタイヤがネックになって、なかなか寄せきれないんです。でも、バックカメラが映し出すクリアな映像のおかげで、安心して駐車できちゃうんです。
    これが、カメラに頼らず駐車してみた図。ちょっとはみだしちゃった…どころじゃありません。確実にお隣の車にヒットします。えへへ。ぶつけちゃった。って笑って許してくれる年頃は当の昔に過ぎました。
       

モニターでどこまで寄せられるのかしら?と、かま朗を障害物に見立てて実験。ふんずけたら面白い絵が撮れるわ!と思ってたんだけど、天子の申し子の私はモニターから消える直前でストップ、まだまだ余裕があったのね。ちっ。




見てみてっ! ちゃんと白線におさまってるでしょ? H3ってわりとコンパクトなサイズで、フツーサイズの駐車場なら楽々入っちゃうんです。最強アイテムのカメラをつければ、初心者でも安心して駐車できるよね。

H3に乗ってみて、一番ネックになったのが右前方の視界。
サイドミラーに埋め込んだカメラはスイッチ一押しでモニターに映し出されます。
バックカメラはフツーに取り付けるとカメラが飛び出してしまうのですが、ウイングオリジナルのカバーのおかげで自然な仕上がりとなりました。

サイドCCDカメラ価格2万9800円
バックカメラ価格2万3000円
カメラカバー価格1万5000円
  
■OWNER:小金沢由佳(金ちゃん)

●交際年月/3ヶ月●平均出動頻度/週に二度(おもにアフターファイブ)
●出没スポット/六本木ヒルズ●今月の自腹金額/セレブは金など払わん!
●自腹金額合計/笑顔のみ。
デイトナを卒業して、「これで雑誌の締め切りやブログの更新に寿命を縮める生活とはサヨナラね」なんて鼻歌うたってたら、ホビダスでもブログが用意されておりました。金ちゃんのもう1台の愛車SW1のブログはコチラ。
http://www.hobidas.com/blog/hobidas_blog/sw1/